オウンドメディアマーケティングを成功させるには~コンテンツ数100を目指す

オウンドメディアマーケティングをやったからといって、必ずしもうまくいくとは限りません。オウンドメディアマーケティングしていても失敗してしまう、あるいは期待していた程いい結果が出ないで終わってしまう事もあります。それにはちゃんと原因があるのです。それでは、オウンドメディアマーケティングはどうしたら成功するのでしょうか。
それにはいくつかポイントがあるのですが、その中でも見落としがちな点をお伝えしていきましょう。
○コンテンツ数を増やす
オウンドメディアマーケティングは即効性の高いマーケティングではありません。どちらかというと長い目で運営を続けていくマーケティングです。しかし誤解してすぐに結果が出ないからと挫折してしまい、新しいコンテンツの更新を怠ってしまっていると、
失敗につながってしまいます。一度手を抜いてしまったら、オウンドメディアの立て直しはなかなか難しいです。一度落ち込んでしまったオウンドメディアが挽回するのは至難の業だからです。初めから、オウンドメディアマーケティングは即効性の高いものではなく時間がかかるという事を念頭に置いておき、コツコツと更新していく姿勢が大事です。
コンテンツ数が増えていくにつれ、だんだん結果が出てくるでしょう。
まずはコンテンツ100を目指して毎日アップしていってくださいね。オウンドメディアマーケティングの対策について


マーケティング分析の要・3C分析

3C分析とは、マーケティング環境を把握する基本的なフレームワークの事をいっています。
3C分析は、企業をとりまく業界環境を整理するための有効な枠組みになるものです。3C分析を使っていけば、市場や競合、自社の業界環境を網羅的に把握できるでしょう。
○3CのCとは
・Company
・Customer
・Competitor
○3C分析の特徴
3C分析においては、マーケティング環境に関わる重要情報をできるだけ事実、客観的な情報として抑えるようにします。環境分析フェーズでは、その後PEST分析や3C分析で集めたマーケティング情報を使い、SWOT分析で解釈していきます。
3C分析には項目は3つしかなく、複数人で共通認識ももちやすく、マーケティングやフレームの中でも使いやすくなります。
○3C分析では事実を集める
3C分析では、徹底的に「事実」を集めるようにしましょう。事実に対する解釈はSWOT分析で行っていきます。3C分析の時点で解釈するやり方もありますが、いずれにしても集めた情報を「解釈」や「事実」と区別する事を徹底してみてください。


検索エンジン最適化の基本とは

○検索エンジン最適化の基本
検索エンジン最適化とは、自社websiteを検索結果でもっと有利な位置に表示させる事です。ユーザーに選ばれるという事は、要するにグーグルに評価されているという事です。
検索エンジン最適化においては、とにかくユーザー目線になる事が重要です。
○いかにユーザーに有益であるかを考える
検索エンジン最適化は手間暇かける事によって、自社ホームページを検索結果で有利な位置に表示させる方法です。ここで重視すべき事と言えば、いかにユーザーが見やすいかどうか、有益な情報なのかという事です。それには徹底的なユーザー目線で考える必要があります。これらを通じてホームページに反映させていきましょう。こうすると自然とアクセス数は伸びていき、理想的なホームページ運営がしていけるでしょう。
○キーワードは多過ぎないように
検索エンジン最適化をした時気になってくるのは、やはり検索エンジンからのアクセス数や順位ですよね。検索エンジン最適化からのアクセス数は、GoogleAnalyticsやウェブマスターツールでも把握できます。検索エンジンでの順位は、キーワードが少なければそれだけグーグルやヤフーで直接検索して確認できますが、キーワードが多くなってくると把握するのはなかなか難しいでしょう。SEOでやるべきことは?


オウンドメディアマーケティングのメリット、目的とは

たとえ小さな会社でも、広告宣伝を出さずに見込み客との接点を見いだせるのがオウンドメディアマーケティングのいいところです。例えれば広告は「攻めの営業」であり、オウンドメディアマーケティングは「待ちの営業」です。
○ブログを使ったオウンドメディアマーケティング
知りたい情報があれば、たいていはネットでリサーチしますよね。そこでサービスや商品に関連する有益な情報を記事として発信するので、自然検索から多くの人を集めるようにします。
ブログはコーポレートサイトとしても使えます。もしも自社のwebサイトをまだ持っていないなら、ブログ形式のwebサイトを「コーポレートサイト」として使えるでしょう。ちなみにブログ形式のWebサイトと言えば、WordPressに代表されるCMSを使ったwebサイトがあります。
○オウンドメディアマーケティングの目的って何?
オウンドメディアマーケティングの目的は次の3つあります。
・見込み客を獲得すること
・商品サービスの認知拡大
・商品サービスの販売
この中で最も重要なのは商品をアピールする事ではなく、実は認知拡大なのです。オウンドメディアマーケティングについてより詳しい情報はオウンドメディマーケティングに関してをご覧ください。


ユーザーエンゲージメントで見るべきポイント

皆さんはユーザーの個別トラフィックを確認したことがありますか?ない人は実際に見てみてください。確かアナリティクスで確認できますよ!
僕はトラフィックを確認して思うんですけど、あれってなにを重視していいか曖昧です。ページビュー多くてもクリックしてほしいものはクリックしてないし、何回もきてても同じことが言えたり、滞在時間もそうです。そして基本的にはこの3点ですよね?なにがクリックにつながってるのかなんとも言えません!!
そこで僕の経験から、見るべきポイントを出します!
僕が大事だと思うのは、リピート率です。何故かと言うと、何回もきてくれているということは自分のサイトから離れにくいということだからです。一回きて、何ページも見てもう来ないより、毎日確認してくれている方が長期的にはクリックしてくれる可能性も増えて良いことばかりです。
ということでリピート率が大事だと思います!ただ、やっぱりなにかのこうにゅうにむすびつくのはどれかはわかりませんね。マーケティング分析


検索エンジン最適化のためにやるべき事と注意点

検索エンジン最適化という言葉をご存知でしょうか。自社サイトを多くのユーザーに
アピールするためにも、上位表示させる必要があります。それにはやっておくべき事と留意しておきたいポイントがあります。


URLを正規にする
同じページなのに複数のURLが存在している場合、それを一つにまとめる事で検索エンジン最適化できます。一つにまとめたら、検索エンジンに正規のURLを伝えます。違うURLのままだと検索エンジンが別のページとして認識してしまうので、注意しておきましょう。


インデックス(索引、見出し)がわかりやすいようにする対策
コンテンツの文章構造がしっかりしていれば、検索エンジン最適化できます。例えば次のような方法です。
・オリジナル情報を掲載する
・重複ページがないようにする


検索エンジン最適化の注意点
検索エンジン最適化するためにやっておくべき事もありますが、やり過ぎると逆効果になってしまう事があります。その一つが、「過剰にキーワードを盛り込むこと」です。
キーワードを盛り込むことで検索エンジン最適化できる事もありますが、それは自然に使った場合であり、不自然に大量にキーワードを使ってしまうとペナルティとなってしまいます。過剰に使用するのは避けましょう。

SEO対策参考資料


今オウンドマーケティングが人気になっている理由とは

“marketing”

皆さんこんにちは。今日は最近よく聞く「オウンドマーケティング」について気になっている方のために、ご説明していきます。オウンドマーケティングとは、オウンドメディアを通じて消費者にとって有益となるコンテンツを長期的に発信していき、購買促進を駆り立て、集客を狙うシステムを「オウンドメディアマーケティング」、または「インバウンドマーケティング」と呼んでいます。


自社のメディアを用いた集客・戦略がオウンドマーケティング


厳密にいうと、「オウンドメディアマーケティング」は自社独自のメディアを用いたマーケティングスタイルとなるので、インバウンドマーケティング(フェースブックやツイッターなど、ソーシャルメディアを活用した施策)の一つの要素にもなります。


最近では多くの会社がこれまでのメディアに露出する広告手段から、自分たちのオンライン目ディを通じた集客や消費者との接点を構築していこうとしています。それではどうしてこのようにオウンドメディアマーケティングが注目されるようになってきたのでしょうか?それにはこんな理由があったのです。


オウンドマーケティングが注目される理由
・費用対効果が良い、わかりやすい
・コンテンツの一つ一つが資産化され、それがブランドイメージを形成している
・消費者と長期的な信頼関係を築きやすい

オウンドメディアマーケティングとは


マーケティング分析の中の「3C分析」とは

“marketing”

マーケティングでは「分析」が必要になってきますが、その中には「3C分析」というのがあります。3C分析においては、マーケティング環境に関わる重要情報をできるだけ事実、 顧客情報として抑えていきます。その後PEST分析や3C分析で集めたマーケティング情報を駆使していき、解釈していきます。

市場・顧客を分析するには 3Cで最初に行う事と言えば、顧客・市場分析です。マーケットを知らないままだと自分の強みや弱みも正当に評価できないでしょう。市場を知らないままだと自社の強みや弱みを評価する事もできません。そこで、次のような手法を使って効果的に分析を進めていきます。 ・マクロ分析(景気変動や法律改正、人口流行の流動など、社会的変化を見つけるために行うもの。具体的にはPEST分析を行うといい) ・ミクロ分析 ・顧客分析 社会的な外部要因は、自社ではどうにもできない事です。だからこそ時代の流行をキャッチしていき、タイミングを見計らいながら将来を予想していき、時代のニーズに合った戦略を打ち出していきます。

本記事はマーケティングを参照しました。


あなたのネット広告がユーザーに好かれるためには?

“word”


みなさまこんにちは。皆さんはネット広告をどう思いますか。あまり好きな人はいないのではないでしょうか。例えばネット広告に対してこんな声が聞こえてきます。「ブランジングの邪魔」「煩わしい、間違えてクリックしてしまう」こういうことを考えるユーザーが多いことでしょう。ではどうしたら、その効果を得られるか考えていきたいと思います。


1.広告を出す先を考える


広告媒体にもいろいろありますよね。キーワード広告だったり、SNS、メールのニュースレターなど多様です。中でも、どこに出すか自分のコンテンツとあっているのはどれか考えて出すことが重要です。


2.ターゲティングする


上記でどこの媒体を使うか話しましたが、血胸くそのユーザーが興味なければどこに出しても意味がありません。例えばこのページを見た人をタグとクッキーを通して追跡するリマーケティングなどそういった方法を使いましょう。


結局のところ広告だろうと何だろうと、顧客目線に立って行えば嫌われることはありませんね。


マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。


競合サイトの検索ワードの重要性

“tool”
みなさまこんにちは。流入したユーザーはどんな流入元ですか?検索?リファラ?ソーシャル?大体の人は検索による流入なのではないでしょうか?そしたら検索流入でより流入を増やしたいと思いますよね?そのためには、SEO(キーワードリサーチ>コンテンツ作成>SEO施策>検索順位チェック)を行いますよね。僕はその流れと一緒に競合の検索キーワードを調べることをお勧めしたいです。
なぜかというと、競合サイトの検索ワードに対応したコンテンツが自分のサイトになかったら?対応する必要がありますよね。そういったことを確認する方がいいです。また、そのキーワードを通して流入があるということはそのキーワードには、ユーザーのニーズがあるということも言えます。それキーワードを無視してブログや会社用のサイトを構築するのは得策ではないですね。そのようなことから競合サイトの検索キーワードはしっかり把握しておきましょう。
きっといろんな気づきがあるはずです!
マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。