今オウンドマーケティングが人気になっている理由とは

“marketing”

皆さんこんにちは。今日は最近よく聞く「オウンドマーケティング」について気になっている方のために、ご説明していきます。オウンドマーケティングとは、オウンドメディアを通じて消費者にとって有益となるコンテンツを長期的に発信していき、購買促進を駆り立て、集客を狙うシステムを「オウンドメディアマーケティング」、または「インバウンドマーケティング」と呼んでいます。


自社のメディアを用いた集客・戦略がオウンドマーケティング


厳密にいうと、「オウンドメディアマーケティング」は自社独自のメディアを用いたマーケティングスタイルとなるので、インバウンドマーケティング(フェースブックやツイッターなど、ソーシャルメディアを活用した施策)の一つの要素にもなります。


最近では多くの会社がこれまでのメディアに露出する広告手段から、自分たちのオンライン目ディを通じた集客や消費者との接点を構築していこうとしています。それではどうしてこのようにオウンドメディアマーケティングが注目されるようになってきたのでしょうか?それにはこんな理由があったのです。


オウンドマーケティングが注目される理由
・費用対効果が良い、わかりやすい
・コンテンツの一つ一つが資産化され、それがブランドイメージを形成している
・消費者と長期的な信頼関係を築きやすい

オウンドメディアマーケティングとは


マーケティング分析の中の「3C分析」とは

“marketing”

マーケティングでは「分析」が必要になってきますが、その中には「3C分析」というのがあります。3C分析においては、マーケティング環境に関わる重要情報をできるだけ事実、 顧客情報として抑えていきます。その後PEST分析や3C分析で集めたマーケティング情報を駆使していき、解釈していきます。

市場・顧客を分析するには 3Cで最初に行う事と言えば、顧客・市場分析です。マーケットを知らないままだと自分の強みや弱みも正当に評価できないでしょう。市場を知らないままだと自社の強みや弱みを評価する事もできません。そこで、次のような手法を使って効果的に分析を進めていきます。 ・マクロ分析(景気変動や法律改正、人口流行の流動など、社会的変化を見つけるために行うもの。具体的にはPEST分析を行うといい) ・ミクロ分析 ・顧客分析 社会的な外部要因は、自社ではどうにもできない事です。だからこそ時代の流行をキャッチしていき、タイミングを見計らいながら将来を予想していき、時代のニーズに合った戦略を打ち出していきます。

本記事はマーケティングを参照しました。


あなたのネット広告がユーザーに好かれるためには?

“word”


みなさまこんにちは。皆さんはネット広告をどう思いますか。あまり好きな人はいないのではないでしょうか。例えばネット広告に対してこんな声が聞こえてきます。「ブランジングの邪魔」「煩わしい、間違えてクリックしてしまう」こういうことを考えるユーザーが多いことでしょう。ではどうしたら、その効果を得られるか考えていきたいと思います。


1.広告を出す先を考える


広告媒体にもいろいろありますよね。キーワード広告だったり、SNS、メールのニュースレターなど多様です。中でも、どこに出すか自分のコンテンツとあっているのはどれか考えて出すことが重要です。


2.ターゲティングする


上記でどこの媒体を使うか話しましたが、血胸くそのユーザーが興味なければどこに出しても意味がありません。例えばこのページを見た人をタグとクッキーを通して追跡するリマーケティングなどそういった方法を使いましょう。


結局のところ広告だろうと何だろうと、顧客目線に立って行えば嫌われることはありませんね。


マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。


競合サイトの検索ワードの重要性

“tool”
みなさまこんにちは。流入したユーザーはどんな流入元ですか?検索?リファラ?ソーシャル?大体の人は検索による流入なのではないでしょうか?そしたら検索流入でより流入を増やしたいと思いますよね?そのためには、SEO(キーワードリサーチ>コンテンツ作成>SEO施策>検索順位チェック)を行いますよね。僕はその流れと一緒に競合の検索キーワードを調べることをお勧めしたいです。
なぜかというと、競合サイトの検索ワードに対応したコンテンツが自分のサイトになかったら?対応する必要がありますよね。そういったことを確認する方がいいです。また、そのキーワードを通して流入があるということはそのキーワードには、ユーザーのニーズがあるということも言えます。それキーワードを無視してブログや会社用のサイトを構築するのは得策ではないですね。そのようなことから競合サイトの検索キーワードはしっかり把握しておきましょう。
きっといろんな気づきがあるはずです!
マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。


マーケティング心理学7つの法則

“marketing”


1.相互性


相互性は誰かにお世話になったり助けを受けた時、このような支持を戻したい心理を意味する。相手が私に親切にすると、私に親切に応えたい気持ちが相互性の簡単な例である。
企業は相互性を利用して顧客に無料でプレゼントを贈呈することブランドの忠誠心と好感度を高めることができる。お客様に便利でありながら洞察力のある情報を無料で提供するコンテンツマーケティングは、相互性の理論を適用させるに最適なマーケティング手段である。顧客のためのコンテンツは、プレスリリース、ブログ投稿、eブック、ウェビナー(webinar:オンライン講義やセミナー)、ポッドキャストなどの様々な媒体を積極的に活用してみること。

2.情報格差理論


心理学からの情報格差の理論は、私たちが既に知っている情報と知りたい情報の違いから始まった好奇心を意味する。 1990年代初め、ジョージローワンスタインが最初に発表したこの理論によれば、人間は情報格差を感じるとき、これを解消するための行動をとる。
マーケティング担当者は、消費者の好奇心を発動させるコンテンツを利用して、顧客がより多くの情報を知りたいと思うように作ることができる。顧客が気になってフレットやいるときに、顧客が希望する答えを教えてくれれば、前述した相互性の効果を正確に見ることができる。


3.社会的な証拠


コンテンツマーケティングと社会的な証拠は切っても切れない間柄だ。社会的な証拠は、人々が製品を購入するとき、すでに広く知られて有名たり人気のある製品を買いたい心理を意味する。自らの決定を下すのは容易でないか、知識が不足していると判断されるとき、多数の選択を信頼するようになる心理が社会的な証拠の土台である。コンテンツがソーシャルメディアに共有された回数と累積された「良い」の数を必ずお知らせランナー。人々のコメントと参加を奨励して、顧客の支持と信頼を引き出すことが重要である。


4.機会を逃したくない心


普段好きなバンドのコンサートのチケットを買おうとしたが、高価格でためらう「完売間近」という言葉にすぐにチケットを買ってしまったことがある場合は、すでにFOMO現象を経験したものである。同じ製品、同じ価格だが、稀に感じたらすぐに価値が上がるだろう。
北側(e-book)や資料のダウンロードを無料で提供するときの期間を限定したり、お客様に新しいコンテンツの更新ニュースをお知らせ他の人より先にその情報を得ることができるようにするなどの希少性を付与すると、顧客の注目を受けることができる。


5.損失回避心理


損失回避心理をコンテンツマーケティングに適用するには、顧客の関心を確認引き寄せることが何なのかを把握しなければならない。あなたの顧客が最も損失を恐れている重要ないくつかのこと(例えば、お金や時間)は、それが何であるかを把握し、その損失を防ぐことができるよう支援することができる場合、強力なコンテンツを作成することができる。製品やサービスの良さを強調するが、消費者の不安や心配を把握し、これを解消する方法を提示しなければならない。


6.選択パラドックス


マーケティングでは、顧客それぞれの性向を尊重して、いくつかのオプションを与えることは重要である。しかし、その選択肢があまりにも多くなると、むしろ悪影響を及ぼすことを知るべきである。


7.誘引効果


価格オプションで、多くの場合発見する心理機制で顧客が最も高価なオプションを選択するようにするには、不必要なもう一つの価格オプションを入れること。 「エコノミスト」が、3つの価格のパッケージを提供ことがある。
上記の七つの原則を覚えて、コンテンツマーケティングの最も重要な要素は、顧客の心と行動に重点を置くこと、に集中するようにされ、顧客の心を得るコンテンツを作成することができる。


マーケティング分析



自分のウェブサイトの検索順位をみるのは楽しい。

“market”


皆さんこんにちは。私の趣味はブログの検索順位をみることです。なぜ好きかって?
自分が作ったものが世の中に認められたと実感できるからです!(錯覚?)


みなさんはどうですか?このブログを見てるってことは皆さんブログなど運営している人やこれからしようとしている人でしょう。これからの人は初めてみてください。趣味になりますよ!
さて、検索順位をみるのが好きだってわかってもらえたところで本題に行きます。


検索順位ってどう確認してるの?


そうなんです。意外と難しいんです。だってどんなキーワードで訪問してくれてるのかわからないから!
なんとなくのキーワードで検索順位を確認してるけど、きっと他のキーワードでも訪問があるだろうし。
そこで、どんなキーワードで訪問して訪問したページがそのキーワードでは何位かわかるツールを紹介します。


1. Google analytics


超有名です。これは無料で訪問者の情報を得ることができます。知ってる人も多いと思うので、やり方は省きますがぜひ使って見てください。


2.Listening mind


ホームページを見るとキーワード毎に検索順位を把握できます。CTRもみれるので結構楽しそうですね!
BtoBっぽいけどトライアルしてみようかな。。。


オウンドメディアマーケティングツール


マーケティングの自動化?一体何でしょう?

デジタルマーケティングを知らなければ、マーケティング自動化という言葉を最初に聞くことです。デジタルマーケティングに精通してあれば聞き慣れてきます。外国の多くの機関では、デジタルマーケティングで最大テーマの一つとして、マーケティング自動化を挙げています。マーケティングの自動化は、英語でMarketing Automationです。これはまるでテスラの電気自動車作る自動化された工場のような感じを与えます。マーケティングは、工場がないので目に見えるロボットが動くもののではないが、ソフトウェアの観点では似たような面があります。

マーケティング自動化?一体何でしょう?このマーケティングの自動化というのも誰作ったのか分からないが、マーケティングソフトウェア企業で初めて使いました。

デジタルに移動する顧客の爆発的成長、そして既存のマーケティングシステムは余裕がないという点…そして、マルチチャンネルでもないクロスチャネルマーケティングの重要性を見たでしょう。最後に、マーケティング目標到達プロセスを科学的に管理して、顧客をより抑えるというコンセプトです。

ここでクロスチャンネルという意味では、顧客が電子メールを開いて、フェイスブックに移動してコメントを残し再びホームページに移動するが、顧客の移動(Customer Journey)は、ビジネスの観点で非常に重要になったのです。複数のチャネルに簡単にコンテンツを投影し、それを追跡、関心を持つ顧客に再度攻略するならもっと稼げるという考えです。

ところが、それを人がいちいちするのではなくプログラミングすると少人数で(スマートデジタルマーケティング担当者を育て)はるかに科学的なマーケティングでしょう。この需要があるとみました。あなたが受けてみるメールや通知は、自動化プログラムによるものが多いです。また私は移動する先々で、内容もどんどん変わり、バナーも変わりながら誘ってきます。

最後に、移動する顧客とマーケティングファンネル管理?これは非常に興味深いものです。

過去のマーケティングファネルは一方向でした。しかし、デジタル時代になってお客様は段階的に基づいて行って購入をしなければならのに顧客があちこちマーケティングチャネルに移動しながら、マーケターたちを混乱させてしまいました。マーケティングの自動化は、この顧客を追跡して再攻略することができるために価値があります。一種のリターゲット、リマーケティングです。

ところが、これはさすがに消費者市場とB2B市場と同じなのか?そうではない。マーケティング自動化は、最初のB2Bで開始しました。 B2Bビジネスの性格上、お客様の購入時点が長く、また、内部状況も違って、売り手はずっと説得して関連する情報を公開し続けてお客様を作る必要がありました。そのため、顧客との関係をいくつかの段階を経て発展させなければならず、顧客の反応によってマーケティングコンテンツが異なります。これは、単一のプロセスであり、すぐにプロセスベースのマーケティング自動化です。しかし、コンシューマーにもかなり重複しているものが多く、マーケティングでも効率的なこともあり、コンシューマー市場でもマーケティング自動化は多くの注目をされています。

マーケティングは、完全に自動化できますか?繰り返しのプロセスはそうです。また、ランニングマシンのような技術が発達すれば製品をお勧めや個人化のような分野がさらに精緻化されます。しかし、マーケティングはすべてのプロセスが可能であるかまだありません。マーケティング企画と人間の判断が必要とする戦略的判断の分野、クリエイティブな部分等を除いて多くのデジタルマーケティング領域は自動化に影響を受けることです。

マーケティングツールについてより詳しい情報はこちらを参照ください。


Blog始めました

ご覧頂きありがとうございます。マーケティング戦略部の管理人です。
当サイトでは、管理人の日常生活をつらつら綴りつつ、最新ワードや話題のアイテムについても書いていこうと思っています。
ちゃんと書き込みできたんでしょうか。最初なのですこし不安です。。。
今後は、読んでくださる人のタメになるような記事をたくさん載せていきたいと考えておりますので、よろしくお願いします!


お見知りおきください!

今晩は、管理人です。サイト開設の挨拶に引き続き、今日は私のことをざっくり紹介しようと思っています。こんな感じの人が管理しているブログなんだなと知ってくだされば嬉しいです。
こちらのブログを作った理由は、知人に勧められたのと、タイピングの練習のためです。それから、お得な知識が増えれば一石二鳥だなともくろんでいる点もあったりします。
ちなみに趣味は通販とネットです。話題の商品のデータや値段などを調べるのが大好きで、我に返ると深夜までPCとにらめっこしていることがあったりします。
マメに更新して役に立つサイトを作っていこうと思っていますので、今後にご期待ください。投稿が停滞気味な時がありましたら、突っ込み、励ましのコメント大歓迎です!