SEO対策はSNSよりも検索エンジンをベースに行う

SEO対策をしていれば、検索エンジンから集客する事が可能になります。
フェースブックやツイッターなどのSNS、ブログなどの記事からリンクをたどって自社サイトへアクセスするユーザーもいます。
実は検索エンジン経由とSNSやブログ経由で訪問するユーザーとでは、大きく性質が異なります。
○SNSでSEO対策しても成功しにくい?
ユーザーの中には、グーグルやヤフーからではなく、フェースブックやツイッター、ブログからリンクをたどってあなたのオウンドメディアにアクセスする人もいます。
しかしそのようなユーザーは、偶然にあなたのオウンドメディアをクリックして訪問しただけ、ただ眺めていただけというケースもあるので、そこから商品やサービスを利用してもらうという、現実的なアクションにまでつながりにくいです。
○検索エンジンを使うユーザーは興味を持って情報収集している事がポイント
その一方で、グーグルなどの検索エンジンからアクセスしてくるユーザーは検索欄に自発的に何らかのキーワードを打ち込んでいる事がわかっています。
ユーザーはそのキーワードついて興味を持ってあなたのサイトへ訪問しているわけなので、
購買につながりやすいです。
そのため検索エンジンを軸としてSEO対策を行う事で成功率がアップし、見込み客を獲得する事ができるのです。本記事はSEOを参照しました。


Related Posts



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>