様々なマーケティングツール~ロジックツリー、3C、MECE

マーケティングツールを使って分析し、ビジネスに生かそうとする企業が増えてきていますが、マーケティングツールといっても種類は豊富です。
例えば次のようなマーケティングツールがあります。
○ロジックツリー
ロジックツリーとは、思考プロセスや範囲などを視覚的に整理できるマーケティングツールです。
ロジックツリーを使うとマーケティング戦略の全体像の流れや意味を共有する事ができ、メンバーの間で意見のズレを最小限にとどめる事ができるのです。
問題解決や原因追究など、シーンに応じて使い分ける事によって現状の課題の特定や解決策の方向性を確認する事ができるでしょう。
○MECE
MECEとは、現状分析に必要な要素に「もれ」や「重複」があるかを確認できるマーケティングツールです。
アイディアやマーケティング戦略を整理する時に利用する事ができます。
○3C
3Cはマーケティングツールとは違うものですが、マーケティングの担当者であれば知っておきたい分析法です。
3Cとは、カンパニー、カスタマー、コンペティターのそれぞれの頭文字Cを意味する言葉です。
この3つの視点を用いて現状分析できるビジネスフレームワークです。listeningmind.com/


SEO対策はSNSよりも検索エンジンをベースに行う

SEO対策をしていれば、検索エンジンから集客する事が可能になります。
フェースブックやツイッターなどのSNS、ブログなどの記事からリンクをたどって自社サイトへアクセスするユーザーもいます。
実は検索エンジン経由とSNSやブログ経由で訪問するユーザーとでは、大きく性質が異なります。
○SNSでSEO対策しても成功しにくい?
ユーザーの中には、グーグルやヤフーからではなく、フェースブックやツイッター、ブログからリンクをたどってあなたのオウンドメディアにアクセスする人もいます。
しかしそのようなユーザーは、偶然にあなたのオウンドメディアをクリックして訪問しただけ、ただ眺めていただけというケースもあるので、そこから商品やサービスを利用してもらうという、現実的なアクションにまでつながりにくいです。
○検索エンジンを使うユーザーは興味を持って情報収集している事がポイント
その一方で、グーグルなどの検索エンジンからアクセスしてくるユーザーは検索欄に自発的に何らかのキーワードを打ち込んでいる事がわかっています。
ユーザーはそのキーワードついて興味を持ってあなたのサイトへ訪問しているわけなので、
購買につながりやすいです。
そのため検索エンジンを軸としてSEO対策を行う事で成功率がアップし、見込み客を獲得する事ができるのです。本記事はSEOを参照しました。