マーケティングで活用するべきマーケティングツールとは?

マーケティングするにあたっては、マーケティングツールを用いた方が断然効率は良くなります。
マーケティングツールの中には次のようなものがあります。
○Google Adwords
自然検索における検索ランキングの向上に弾みをつけたい場合は、有料のGoogle Adwordsを使ってみるのも一つです。Google Adwordsとは、Googleが提供しているクリック課金型の広告サービスです。
使ったことのない人は難しく感じてしまうでしょう。まずはビジネスに関わる特定のキーワードを対象とした広告を作ります。キーワードがグーグルで検索されると、該当の広告が表示されます。
広告料はキーワードの競争率によっても違ってきますが、広告料はユーザーが実際に広告をクリックした時のみ、要するに成果があった時にだけお金が入る仕組みです。
PPC広告を効果的に使う方法は、HubSpotのPPCマーケティングハブに様々な資源があるので活用してみるといいでしょう。
○Googleマイビジネス
ビジネス広告を無料でグーグルに掲載できたらいいですよね。
Googleマイビジネスならそれが可能になります。方法もシンプルで簡単です。Googleマイビジネスに登録すればいいだけです。登録する事で、Google検索やGoogleマップのローカル検索結果に、あなたのビジネスが表示されるようになるのです。


マーケティングツールのABMとは?

みなさん、こんにちは。今回はマーケティングツールの一つである「ABM」について話していきたいと思います。
ABMとはAccount Based Marketing(アカウントベースドマーケティング)の頭文字で、企業が持つアカウントにフォーカスしたシステムです。時にABMはMAといったマーケティングツールと混同されてしまうケースもあります。たしかに、業務フローを効率化して、取りこぼしやミスを減らすという点ではどちらも共通して言えることですが、ここで違いを整理します。
MAは潜在的に存在する見込み客を不特定多数の中から効率よく発見していくことを目的としたシステムですが、このABMは特定した企業や顧客に購入を促すためのシステムと言えます。
また、MAは主にBtoCマーケティング向けに使われますが、このABMが用いられるのは、一般的には大口の顧客がいる企業であり、BtoBマーケティング向けのツールとなっています。
このようにABMは、アカウントターゲティングや収益ベースのアカウントアナリティクス、リード管理などが可能となるツールです。
マーケティングツールって他にはどんなものがあるの?


オウンドメディアマーケティングには良質なコンテンツ作りが求められる

オウンドメディアが流行ってきている今、オウンドメディアマーケティングが求められるようになっています。
オウンドメディアマーケティングを成功させるには、とにかくコンテンツを充実させる事、
そしてユーザーに対して質の高いコンテンツを配信する事です。
それでは、どのようにコンテンツを作ってオウンドメディアマーケティングをしていけばいいのでしょうか。
○良質なコンテンツを作る事がオウンドメディアマーケティングになる
コンテンツは自社のサービスや商品をアピールするためだけでなく、ユーザー目線で情報を発信する必要があります。
例えばヨガ教室の宣伝をしたいのであれば、初心者でも簡単に始められる易しい教室のご案内や料金、アクセス情報、そこでどんな事が学べるのかといった情報が役立ちます。
ユーザーが「このオウンドメディアはクオリティが高い!」と思ってくれたら、習慣的にアクセスして読んでくれる可能性も高くなります。
ユーザーの事を考えたコンテンツが、自社のサービスの知名度を高めるのです。これが「オウンドメディアマーケティング」です。オウンドメディアについての詳しいコンテンツです。