知っておくといいマーケティング分析のフレームワーク

フレームワークにはいくつかあります。その中でも、マーケティングの分析に役立つフレームワークを3つご紹介します。
○SWOT分析
SWOT分析は代表的な分析法なので、名前だけならご存知という人も多いでしょう。
内部要因(自社の強み・弱み)や外部要因(機会)から、自社の戦略を編みだしていくためのフレームワークです。自社の強みを再検討したい時や、新しく戦略を練りたい時に使えます。これらを組み合わせて経営戦略を考えるのが、フレームワークです。
○MECE
MECEとは、その発想に重なりや漏れがないか確認するためのフレームワークです。
使うタイミングは、新しいアイディアを改めて出したい時や、欠けている視点で確認したい時です。MECE(メーシー)とは、Mutually Exclusive Collectivery Echausiveの頭文字を表したもので、「もれなく」「重なりなく」を意味します。MECEを使う事により、自分のアイデアや考えにもれや重複がないかを確認できるのです。
○マーケティングオートメーション「マルケト」
マルケトは、2006年にアメリカで創業したマーケティング専業ベンダーです。デジタルマーケティング分野でもかなり注目されています。リードの獲得から成約に至る過程を可視化し、自動化させる事で生産性は高まります。これは大企業に関わらず、中小企業でも取り入れている会社が多いです。カスタマージャーニー


Related Posts



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>