オウンドメディア運用における注意点

オウンドメディアを立ち上げれば見込み客獲得が期待できます。わかりやすく言えばファンがつく事になるのです。しかし一歩間違えれば、見込み客はすぐに離れていってしまうでしょう。オウンドメディアを運用していくには、細心の注意も必要なのです。
○ファンがついても更新が必要
オウンドメディアを立ち上げてファンがついても、ファンは常に新たな情報をも求めて定期的にアクセスしてくれるので、企業はこまめに最新情報をアップしていかなければなりません。そしてユーザーが満足できるような情報を配信していなければ、すぐにファンは去っていき、悪い印象を与えてマイナスになる事もあるでしょう。オウンドメディアを運用するといっても単純ではなく、計画をたて、継続的に更新していく覚悟を伴います。
○オウンドメディアは購買促進や市場分析に役立つ
オウンドメディアをして、サイトを通じてファンとの信頼関係が築ければ購買促進につなげられますし、アクセスから解析してニーズやターゲットを分析して市場調査につなげる事だってできます。
○オウンドメディアの注意点
オウンドメディアを運用する時は人的リソースが省かれ、運用コストが発生してしまう恐れもあります。質の劣った情報を流してしまうと、せっかく来てくれたユーザーもすぐ見切りをつけ、「ひどいサイトだ」とレッテルを張られてしまう可能性だってあるわけです。オウンドメディアをせっかく立ち上げたとしても、ペルソナ設定などの計画が不十分だと理想のイメージとは全く逆になってしまうので、注意が必要でしょう。オウンドメディアについてこちらをご参考に


Related Posts



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>