オウンドメディアマーケティングングのポイント

オウンドメディアマーケティングを行っていく上では、次のような事がポイントとなります。
○コミュニケーションは迅速に
オウンドメディアを通して自社のコミュニティーを作り上げ、ファンを増やしてそのロイヤリティーを上げるには、コミュニケーション力が命でもあります。消費者からのコメントや質問は、誠意を持って素早く対応していきましょう。
○ペイドメディアとアーンドメディアとコラボさせる
オウンドメディアの拡散方法として、ペイドメディアやアーンドメディアを上手にコラボさせて運用する事が、さらに信頼度が高く、効果の出やすいオウンドメディア運用につながっていきます。アメリカの調査会社であるフォレスターのライアン・スキナー氏は、「コンテンツの量を減らし、その配布先やプロモーションに力を入れるといいと言っています。
これが結果的に効果的なマーケティングにつながっていくのです。
○一貫性を持たせること
全てのメディアに一貫性を持たせましょう。
例えばweb siteは専門的で真面目なトーンであっても、ブログはカジュアルだけでふざけた印象では消費者に与えるイメージは違ってしまいます。
どのメディアにおいても、ある程度統一したトーンやスタイルを崩さないようにしましょう。
○定期的な更新を心がける
更新を的確に行いましょう。消費者からのリターンを促進させるためにも、これは欠かせません。情報を定期的に発する事によって、ブランドとしての地位の確率にも貢献していきます。
○既存のメディア資産からリンクを貼る
メディア同士をリンクさせるのも効果的です。websiteやブログ間のリンクだけでなく、動画やメルマガなど、全てのメディアをつなげていきましょう。オウンドメディアマーケティングのポイントとは


知っておくといいマーケティング分析のフレームワーク

フレームワークにはいくつかあります。その中でも、マーケティングの分析に役立つフレームワークを3つご紹介します。
○SWOT分析
SWOT分析は代表的な分析法なので、名前だけならご存知という人も多いでしょう。
内部要因(自社の強み・弱み)や外部要因(機会)から、自社の戦略を編みだしていくためのフレームワークです。自社の強みを再検討したい時や、新しく戦略を練りたい時に使えます。これらを組み合わせて経営戦略を考えるのが、フレームワークです。
○MECE
MECEとは、その発想に重なりや漏れがないか確認するためのフレームワークです。
使うタイミングは、新しいアイディアを改めて出したい時や、欠けている視点で確認したい時です。MECE(メーシー)とは、Mutually Exclusive Collectivery Echausiveの頭文字を表したもので、「もれなく」「重なりなく」を意味します。MECEを使う事により、自分のアイデアや考えにもれや重複がないかを確認できるのです。
○マーケティングオートメーション「マルケト」
マルケトは、2006年にアメリカで創業したマーケティング専業ベンダーです。デジタルマーケティング分野でもかなり注目されています。リードの獲得から成約に至る過程を可視化し、自動化させる事で生産性は高まります。これは大企業に関わらず、中小企業でも取り入れている会社が多いです。カスタマージャーニー


オウンドメディア運用における注意点

オウンドメディアを立ち上げれば見込み客獲得が期待できます。わかりやすく言えばファンがつく事になるのです。しかし一歩間違えれば、見込み客はすぐに離れていってしまうでしょう。オウンドメディアを運用していくには、細心の注意も必要なのです。
○ファンがついても更新が必要
オウンドメディアを立ち上げてファンがついても、ファンは常に新たな情報をも求めて定期的にアクセスしてくれるので、企業はこまめに最新情報をアップしていかなければなりません。そしてユーザーが満足できるような情報を配信していなければ、すぐにファンは去っていき、悪い印象を与えてマイナスになる事もあるでしょう。オウンドメディアを運用するといっても単純ではなく、計画をたて、継続的に更新していく覚悟を伴います。
○オウンドメディアは購買促進や市場分析に役立つ
オウンドメディアをして、サイトを通じてファンとの信頼関係が築ければ購買促進につなげられますし、アクセスから解析してニーズやターゲットを分析して市場調査につなげる事だってできます。
○オウンドメディアの注意点
オウンドメディアを運用する時は人的リソースが省かれ、運用コストが発生してしまう恐れもあります。質の劣った情報を流してしまうと、せっかく来てくれたユーザーもすぐ見切りをつけ、「ひどいサイトだ」とレッテルを張られてしまう可能性だってあるわけです。オウンドメディアをせっかく立ち上げたとしても、ペルソナ設定などの計画が不十分だと理想のイメージとは全く逆になってしまうので、注意が必要でしょう。オウンドメディアについてこちらをご参考に


オウンドメディアマーケティングを成功させるには~コンテンツ数100を目指す

オウンドメディアマーケティングをやったからといって、必ずしもうまくいくとは限りません。オウンドメディアマーケティングしていても失敗してしまう、あるいは期待していた程いい結果が出ないで終わってしまう事もあります。それにはちゃんと原因があるのです。それでは、オウンドメディアマーケティングはどうしたら成功するのでしょうか。
それにはいくつかポイントがあるのですが、その中でも見落としがちな点をお伝えしていきましょう。
○コンテンツ数を増やす
オウンドメディアマーケティングは即効性の高いマーケティングではありません。どちらかというと長い目で運営を続けていくマーケティングです。しかし誤解してすぐに結果が出ないからと挫折してしまい、新しいコンテンツの更新を怠ってしまっていると、
失敗につながってしまいます。一度手を抜いてしまったら、オウンドメディアの立て直しはなかなか難しいです。一度落ち込んでしまったオウンドメディアが挽回するのは至難の業だからです。初めから、オウンドメディアマーケティングは即効性の高いものではなく時間がかかるという事を念頭に置いておき、コツコツと更新していく姿勢が大事です。
コンテンツ数が増えていくにつれ、だんだん結果が出てくるでしょう。
まずはコンテンツ100を目指して毎日アップしていってくださいね。オウンドメディアマーケティングの対策について