マーケティング分析の要・3C分析

3C分析とは、マーケティング環境を把握する基本的なフレームワークの事をいっています。
3C分析は、企業をとりまく業界環境を整理するための有効な枠組みになるものです。3C分析を使っていけば、市場や競合、自社の業界環境を網羅的に把握できるでしょう。
○3CのCとは
・Company
・Customer
・Competitor
○3C分析の特徴
3C分析においては、マーケティング環境に関わる重要情報をできるだけ事実、客観的な情報として抑えるようにします。環境分析フェーズでは、その後PEST分析や3C分析で集めたマーケティング情報を使い、SWOT分析で解釈していきます。
3C分析には項目は3つしかなく、複数人で共通認識ももちやすく、マーケティングやフレームの中でも使いやすくなります。
○3C分析では事実を集める
3C分析では、徹底的に「事実」を集めるようにしましょう。事実に対する解釈はSWOT分析で行っていきます。3C分析の時点で解釈するやり方もありますが、いずれにしても集めた情報を「解釈」や「事実」と区別する事を徹底してみてください。


検索エンジン最適化の基本とは

○検索エンジン最適化の基本
検索エンジン最適化とは、自社websiteを検索結果でもっと有利な位置に表示させる事です。ユーザーに選ばれるという事は、要するにグーグルに評価されているという事です。
検索エンジン最適化においては、とにかくユーザー目線になる事が重要です。
○いかにユーザーに有益であるかを考える
検索エンジン最適化は手間暇かける事によって、自社ホームページを検索結果で有利な位置に表示させる方法です。ここで重視すべき事と言えば、いかにユーザーが見やすいかどうか、有益な情報なのかという事です。それには徹底的なユーザー目線で考える必要があります。これらを通じてホームページに反映させていきましょう。こうすると自然とアクセス数は伸びていき、理想的なホームページ運営がしていけるでしょう。
○キーワードは多過ぎないように
検索エンジン最適化をした時気になってくるのは、やはり検索エンジンからのアクセス数や順位ですよね。検索エンジン最適化からのアクセス数は、GoogleAnalyticsやウェブマスターツールでも把握できます。検索エンジンでの順位は、キーワードが少なければそれだけグーグルやヤフーで直接検索して確認できますが、キーワードが多くなってくると把握するのはなかなか難しいでしょう。SEOでやるべきことは?


オウンドメディアマーケティングのメリット、目的とは

たとえ小さな会社でも、広告宣伝を出さずに見込み客との接点を見いだせるのがオウンドメディアマーケティングのいいところです。例えれば広告は「攻めの営業」であり、オウンドメディアマーケティングは「待ちの営業」です。
○ブログを使ったオウンドメディアマーケティング
知りたい情報があれば、たいていはネットでリサーチしますよね。そこでサービスや商品に関連する有益な情報を記事として発信するので、自然検索から多くの人を集めるようにします。
ブログはコーポレートサイトとしても使えます。もしも自社のwebサイトをまだ持っていないなら、ブログ形式のwebサイトを「コーポレートサイト」として使えるでしょう。ちなみにブログ形式のWebサイトと言えば、WordPressに代表されるCMSを使ったwebサイトがあります。
○オウンドメディアマーケティングの目的って何?
オウンドメディアマーケティングの目的は次の3つあります。
・見込み客を獲得すること
・商品サービスの認知拡大
・商品サービスの販売
この中で最も重要なのは商品をアピールする事ではなく、実は認知拡大なのです。オウンドメディアマーケティングについてより詳しい情報はオウンドメディマーケティングに関してをご覧ください。


ユーザーエンゲージメントで見るべきポイント

皆さんはユーザーの個別トラフィックを確認したことがありますか?ない人は実際に見てみてください。確かアナリティクスで確認できますよ!
僕はトラフィックを確認して思うんですけど、あれってなにを重視していいか曖昧です。ページビュー多くてもクリックしてほしいものはクリックしてないし、何回もきてても同じことが言えたり、滞在時間もそうです。そして基本的にはこの3点ですよね?なにがクリックにつながってるのかなんとも言えません!!
そこで僕の経験から、見るべきポイントを出します!
僕が大事だと思うのは、リピート率です。何故かと言うと、何回もきてくれているということは自分のサイトから離れにくいということだからです。一回きて、何ページも見てもう来ないより、毎日確認してくれている方が長期的にはクリックしてくれる可能性も増えて良いことばかりです。
ということでリピート率が大事だと思います!ただ、やっぱりなにかのこうにゅうにむすびつくのはどれかはわかりませんね。マーケティング分析