今オウンドマーケティングが人気になっている理由とは

“marketing”

皆さんこんにちは。今日は最近よく聞く「オウンドマーケティング」について気になっている方のために、ご説明していきます。オウンドマーケティングとは、オウンドメディアを通じて消費者にとって有益となるコンテンツを長期的に発信していき、購買促進を駆り立て、集客を狙うシステムを「オウンドメディアマーケティング」、または「インバウンドマーケティング」と呼んでいます。


自社のメディアを用いた集客・戦略がオウンドマーケティング


厳密にいうと、「オウンドメディアマーケティング」は自社独自のメディアを用いたマーケティングスタイルとなるので、インバウンドマーケティング(フェースブックやツイッターなど、ソーシャルメディアを活用した施策)の一つの要素にもなります。


最近では多くの会社がこれまでのメディアに露出する広告手段から、自分たちのオンライン目ディを通じた集客や消費者との接点を構築していこうとしています。それではどうしてこのようにオウンドメディアマーケティングが注目されるようになってきたのでしょうか?それにはこんな理由があったのです。


オウンドマーケティングが注目される理由
・費用対効果が良い、わかりやすい
・コンテンツの一つ一つが資産化され、それがブランドイメージを形成している
・消費者と長期的な信頼関係を築きやすい

オウンドメディアマーケティングとは


マーケティング分析の中の「3C分析」とは

“marketing”

マーケティングでは「分析」が必要になってきますが、その中には「3C分析」というのがあります。3C分析においては、マーケティング環境に関わる重要情報をできるだけ事実、 顧客情報として抑えていきます。その後PEST分析や3C分析で集めたマーケティング情報を駆使していき、解釈していきます。

市場・顧客を分析するには 3Cで最初に行う事と言えば、顧客・市場分析です。マーケットを知らないままだと自分の強みや弱みも正当に評価できないでしょう。市場を知らないままだと自社の強みや弱みを評価する事もできません。そこで、次のような手法を使って効果的に分析を進めていきます。 ・マクロ分析(景気変動や法律改正、人口流行の流動など、社会的変化を見つけるために行うもの。具体的にはPEST分析を行うといい) ・ミクロ分析 ・顧客分析 社会的な外部要因は、自社ではどうにもできない事です。だからこそ時代の流行をキャッチしていき、タイミングを見計らいながら将来を予想していき、時代のニーズに合った戦略を打ち出していきます。

本記事はマーケティングを参照しました。


あなたのネット広告がユーザーに好かれるためには?

“word”


みなさまこんにちは。皆さんはネット広告をどう思いますか。あまり好きな人はいないのではないでしょうか。例えばネット広告に対してこんな声が聞こえてきます。「ブランジングの邪魔」「煩わしい、間違えてクリックしてしまう」こういうことを考えるユーザーが多いことでしょう。ではどうしたら、その効果を得られるか考えていきたいと思います。


1.広告を出す先を考える


広告媒体にもいろいろありますよね。キーワード広告だったり、SNS、メールのニュースレターなど多様です。中でも、どこに出すか自分のコンテンツとあっているのはどれか考えて出すことが重要です。


2.ターゲティングする


上記でどこの媒体を使うか話しましたが、血胸くそのユーザーが興味なければどこに出しても意味がありません。例えばこのページを見た人をタグとクッキーを通して追跡するリマーケティングなどそういった方法を使いましょう。


結局のところ広告だろうと何だろうと、顧客目線に立って行えば嫌われることはありませんね。


マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。


競合サイトの検索ワードの重要性

“tool”
みなさまこんにちは。流入したユーザーはどんな流入元ですか?検索?リファラ?ソーシャル?大体の人は検索による流入なのではないでしょうか?そしたら検索流入でより流入を増やしたいと思いますよね?そのためには、SEO(キーワードリサーチ>コンテンツ作成>SEO施策>検索順位チェック)を行いますよね。僕はその流れと一緒に競合の検索キーワードを調べることをお勧めしたいです。
なぜかというと、競合サイトの検索ワードに対応したコンテンツが自分のサイトになかったら?対応する必要がありますよね。そういったことを確認する方がいいです。また、そのキーワードを通して流入があるということはそのキーワードには、ユーザーのニーズがあるということも言えます。それキーワードを無視してブログや会社用のサイトを構築するのは得策ではないですね。そのようなことから競合サイトの検索キーワードはしっかり把握しておきましょう。
きっといろんな気づきがあるはずです!
マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。