マーケティング心理学7つの法則

“marketing”


1.相互性


相互性は誰かにお世話になったり助けを受けた時、このような支持を戻したい心理を意味する。相手が私に親切にすると、私に親切に応えたい気持ちが相互性の簡単な例である。
企業は相互性を利用して顧客に無料でプレゼントを贈呈することブランドの忠誠心と好感度を高めることができる。お客様に便利でありながら洞察力のある情報を無料で提供するコンテンツマーケティングは、相互性の理論を適用させるに最適なマーケティング手段である。顧客のためのコンテンツは、プレスリリース、ブログ投稿、eブック、ウェビナー(webinar:オンライン講義やセミナー)、ポッドキャストなどの様々な媒体を積極的に活用してみること。

2.情報格差理論


心理学からの情報格差の理論は、私たちが既に知っている情報と知りたい情報の違いから始まった好奇心を意味する。 1990年代初め、ジョージローワンスタインが最初に発表したこの理論によれば、人間は情報格差を感じるとき、これを解消するための行動をとる。
マーケティング担当者は、消費者の好奇心を発動させるコンテンツを利用して、顧客がより多くの情報を知りたいと思うように作ることができる。顧客が気になってフレットやいるときに、顧客が希望する答えを教えてくれれば、前述した相互性の効果を正確に見ることができる。


3.社会的な証拠


コンテンツマーケティングと社会的な証拠は切っても切れない間柄だ。社会的な証拠は、人々が製品を購入するとき、すでに広く知られて有名たり人気のある製品を買いたい心理を意味する。自らの決定を下すのは容易でないか、知識が不足していると判断されるとき、多数の選択を信頼するようになる心理が社会的な証拠の土台である。コンテンツがソーシャルメディアに共有された回数と累積された「良い」の数を必ずお知らせランナー。人々のコメントと参加を奨励して、顧客の支持と信頼を引き出すことが重要である。


4.機会を逃したくない心


普段好きなバンドのコンサートのチケットを買おうとしたが、高価格でためらう「完売間近」という言葉にすぐにチケットを買ってしまったことがある場合は、すでにFOMO現象を経験したものである。同じ製品、同じ価格だが、稀に感じたらすぐに価値が上がるだろう。
北側(e-book)や資料のダウンロードを無料で提供するときの期間を限定したり、お客様に新しいコンテンツの更新ニュースをお知らせ他の人より先にその情報を得ることができるようにするなどの希少性を付与すると、顧客の注目を受けることができる。


5.損失回避心理


損失回避心理をコンテンツマーケティングに適用するには、顧客の関心を確認引き寄せることが何なのかを把握しなければならない。あなたの顧客が最も損失を恐れている重要ないくつかのこと(例えば、お金や時間)は、それが何であるかを把握し、その損失を防ぐことができるよう支援することができる場合、強力なコンテンツを作成することができる。製品やサービスの良さを強調するが、消費者の不安や心配を把握し、これを解消する方法を提示しなければならない。


6.選択パラドックス


マーケティングでは、顧客それぞれの性向を尊重して、いくつかのオプションを与えることは重要である。しかし、その選択肢があまりにも多くなると、むしろ悪影響を及ぼすことを知るべきである。


7.誘引効果


価格オプションで、多くの場合発見する心理機制で顧客が最も高価なオプションを選択するようにするには、不必要なもう一つの価格オプションを入れること。 「エコノミスト」が、3つの価格のパッケージを提供ことがある。
上記の七つの原則を覚えて、コンテンツマーケティングの最も重要な要素は、顧客の心と行動に重点を置くこと、に集中するようにされ、顧客の心を得るコンテンツを作成することができる。


マーケティング分析



Related Posts



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>