自分のウェブサイトの検索順位をみるのは楽しい。

“market”


皆さんこんにちは。私の趣味はブログの検索順位をみることです。なぜ好きかって?
自分が作ったものが世の中に認められたと実感できるからです!(錯覚?)


みなさんはどうですか?このブログを見てるってことは皆さんブログなど運営している人やこれからしようとしている人でしょう。これからの人は初めてみてください。趣味になりますよ!
さて、検索順位をみるのが好きだってわかってもらえたところで本題に行きます。


検索順位ってどう確認してるの?


そうなんです。意外と難しいんです。だってどんなキーワードで訪問してくれてるのかわからないから!
なんとなくのキーワードで検索順位を確認してるけど、きっと他のキーワードでも訪問があるだろうし。
そこで、どんなキーワードで訪問して訪問したページがそのキーワードでは何位かわかるツールを紹介します。


1. Google analytics


超有名です。これは無料で訪問者の情報を得ることができます。知ってる人も多いと思うので、やり方は省きますがぜひ使って見てください。


2.Listening mind


ホームページを見るとキーワード毎に検索順位を把握できます。CTRもみれるので結構楽しそうですね!
BtoBっぽいけどトライアルしてみようかな。。。


オウンドメディアマーケティングツール


マーケティングの自動化?一体何でしょう?

デジタルマーケティングを知らなければ、マーケティング自動化という言葉を最初に聞くことです。デジタルマーケティングに精通してあれば聞き慣れてきます。外国の多くの機関では、デジタルマーケティングで最大テーマの一つとして、マーケティング自動化を挙げています。マーケティングの自動化は、英語でMarketing Automationです。これはまるでテスラの電気自動車作る自動化された工場のような感じを与えます。マーケティングは、工場がないので目に見えるロボットが動くもののではないが、ソフトウェアの観点では似たような面があります。

マーケティング自動化?一体何でしょう?このマーケティングの自動化というのも誰作ったのか分からないが、マーケティングソフトウェア企業で初めて使いました。

デジタルに移動する顧客の爆発的成長、そして既存のマーケティングシステムは余裕がないという点…そして、マルチチャンネルでもないクロスチャネルマーケティングの重要性を見たでしょう。最後に、マーケティング目標到達プロセスを科学的に管理して、顧客をより抑えるというコンセプトです。

ここでクロスチャンネルという意味では、顧客が電子メールを開いて、フェイスブックに移動してコメントを残し再びホームページに移動するが、顧客の移動(Customer Journey)は、ビジネスの観点で非常に重要になったのです。複数のチャネルに簡単にコンテンツを投影し、それを追跡、関心を持つ顧客に再度攻略するならもっと稼げるという考えです。

ところが、それを人がいちいちするのではなくプログラミングすると少人数で(スマートデジタルマーケティング担当者を育て)はるかに科学的なマーケティングでしょう。この需要があるとみました。あなたが受けてみるメールや通知は、自動化プログラムによるものが多いです。また私は移動する先々で、内容もどんどん変わり、バナーも変わりながら誘ってきます。

最後に、移動する顧客とマーケティングファンネル管理?これは非常に興味深いものです。

過去のマーケティングファネルは一方向でした。しかし、デジタル時代になってお客様は段階的に基づいて行って購入をしなければならのに顧客があちこちマーケティングチャネルに移動しながら、マーケターたちを混乱させてしまいました。マーケティングの自動化は、この顧客を追跡して再攻略することができるために価値があります。一種のリターゲット、リマーケティングです。

ところが、これはさすがに消費者市場とB2B市場と同じなのか?そうではない。マーケティング自動化は、最初のB2Bで開始しました。 B2Bビジネスの性格上、お客様の購入時点が長く、また、内部状況も違って、売り手はずっと説得して関連する情報を公開し続けてお客様を作る必要がありました。そのため、顧客との関係をいくつかの段階を経て発展させなければならず、顧客の反応によってマーケティングコンテンツが異なります。これは、単一のプロセスであり、すぐにプロセスベースのマーケティング自動化です。しかし、コンシューマーにもかなり重複しているものが多く、マーケティングでも効率的なこともあり、コンシューマー市場でもマーケティング自動化は多くの注目をされています。

マーケティングは、完全に自動化できますか?繰り返しのプロセスはそうです。また、ランニングマシンのような技術が発達すれば製品をお勧めや個人化のような分野がさらに精緻化されます。しかし、マーケティングはすべてのプロセスが可能であるかまだありません。マーケティング企画と人間の判断が必要とする戦略的判断の分野、クリエイティブな部分等を除いて多くのデジタルマーケティング領域は自動化に影響を受けることです。

マーケティングツールについてより詳しい情報はこちらを参照ください。