様々なマーケティングツール~ロジックツリー、3C、MECE

マーケティングツールを使って分析し、ビジネスに生かそうとする企業が増えてきていますが、マーケティングツールといっても種類は豊富です。
例えば次のようなマーケティングツールがあります。
○ロジックツリー
ロジックツリーとは、思考プロセスや範囲などを視覚的に整理できるマーケティングツールです。
ロジックツリーを使うとマーケティング戦略の全体像の流れや意味を共有する事ができ、メンバーの間で意見のズレを最小限にとどめる事ができるのです。
問題解決や原因追究など、シーンに応じて使い分ける事によって現状の課題の特定や解決策の方向性を確認する事ができるでしょう。
○MECE
MECEとは、現状分析に必要な要素に「もれ」や「重複」があるかを確認できるマーケティングツールです。
アイディアやマーケティング戦略を整理する時に利用する事ができます。
○3C
3Cはマーケティングツールとは違うものですが、マーケティングの担当者であれば知っておきたい分析法です。
3Cとは、カンパニー、カスタマー、コンペティターのそれぞれの頭文字Cを意味する言葉です。
この3つの視点を用いて現状分析できるビジネスフレームワークです。listeningmind.com/


SEO対策はSNSよりも検索エンジンをベースに行う

SEO対策をしていれば、検索エンジンから集客する事が可能になります。
フェースブックやツイッターなどのSNS、ブログなどの記事からリンクをたどって自社サイトへアクセスするユーザーもいます。
実は検索エンジン経由とSNSやブログ経由で訪問するユーザーとでは、大きく性質が異なります。
○SNSでSEO対策しても成功しにくい?
ユーザーの中には、グーグルやヤフーからではなく、フェースブックやツイッター、ブログからリンクをたどってあなたのオウンドメディアにアクセスする人もいます。
しかしそのようなユーザーは、偶然にあなたのオウンドメディアをクリックして訪問しただけ、ただ眺めていただけというケースもあるので、そこから商品やサービスを利用してもらうという、現実的なアクションにまでつながりにくいです。
○検索エンジンを使うユーザーは興味を持って情報収集している事がポイント
その一方で、グーグルなどの検索エンジンからアクセスしてくるユーザーは検索欄に自発的に何らかのキーワードを打ち込んでいる事がわかっています。
ユーザーはそのキーワードついて興味を持ってあなたのサイトへ訪問しているわけなので、
購買につながりやすいです。
そのため検索エンジンを軸としてSEO対策を行う事で成功率がアップし、見込み客を獲得する事ができるのです。本記事はSEOを参照しました。


オウンドメディアはリピーターが獲得しやすい?

オウンドメディアのメリットの一つには、費用対効果が大きいというのが挙げられます。
顧客獲得に関わった費用とその効果に関わる指標が明確化できるのが、オウンドメディアのいいところでもありますが、これはインターネットの特質からだとも言えます。
さらにオウンドメディアには、興味を持ったユーザーと長期的な信頼関係が築きやすいといったメリットもあります。
○オウンドメディアでリピーターの獲得が簡単になる?
昔のマーケティングは広く浅く顧客にアプローチしていたので、一時的な集客には効果的
でした。しかしリピーターを獲得するのには不向きだったのも事実です。
商品がライバルと比べて有益だと判断されればリピーターがつきますが、一時的にリピーターを生むだけのケースも多かったのです。
その一方でオウンドメディアであれば、施策そのものがユーザーとの信頼関係を構築で、き、長期的なファンがつきやすいといったメリットが期待できます。
そもそもオウンドメディアの大前提に、「ユーザーにとって役立つもの」があるからです。リスニングマインド


マーケティングで活用するべきマーケティングツールとは?

マーケティングするにあたっては、マーケティングツールを用いた方が断然効率は良くなります。
マーケティングツールの中には次のようなものがあります。
○Google Adwords
自然検索における検索ランキングの向上に弾みをつけたい場合は、有料のGoogle Adwordsを使ってみるのも一つです。Google Adwordsとは、Googleが提供しているクリック課金型の広告サービスです。
使ったことのない人は難しく感じてしまうでしょう。まずはビジネスに関わる特定のキーワードを対象とした広告を作ります。キーワードがグーグルで検索されると、該当の広告が表示されます。
広告料はキーワードの競争率によっても違ってきますが、広告料はユーザーが実際に広告をクリックした時のみ、要するに成果があった時にだけお金が入る仕組みです。
PPC広告を効果的に使う方法は、HubSpotのPPCマーケティングハブに様々な資源があるので活用してみるといいでしょう。
○Googleマイビジネス
ビジネス広告を無料でグーグルに掲載できたらいいですよね。
Googleマイビジネスならそれが可能になります。方法もシンプルで簡単です。Googleマイビジネスに登録すればいいだけです。登録する事で、Google検索やGoogleマップのローカル検索結果に、あなたのビジネスが表示されるようになるのです。


マーケティングツールのABMとは?

みなさん、こんにちは。今回はマーケティングツールの一つである「ABM」について話していきたいと思います。
ABMとはAccount Based Marketing(アカウントベースドマーケティング)の頭文字で、企業が持つアカウントにフォーカスしたシステムです。時にABMはMAといったマーケティングツールと混同されてしまうケースもあります。たしかに、業務フローを効率化して、取りこぼしやミスを減らすという点ではどちらも共通して言えることですが、ここで違いを整理します。
MAは潜在的に存在する見込み客を不特定多数の中から効率よく発見していくことを目的としたシステムですが、このABMは特定した企業や顧客に購入を促すためのシステムと言えます。
また、MAは主にBtoCマーケティング向けに使われますが、このABMが用いられるのは、一般的には大口の顧客がいる企業であり、BtoBマーケティング向けのツールとなっています。
このようにABMは、アカウントターゲティングや収益ベースのアカウントアナリティクス、リード管理などが可能となるツールです。
マーケティングツールって他にはどんなものがあるの?


オウンドメディアマーケティングには良質なコンテンツ作りが求められる

オウンドメディアが流行ってきている今、オウンドメディアマーケティングが求められるようになっています。
オウンドメディアマーケティングを成功させるには、とにかくコンテンツを充実させる事、
そしてユーザーに対して質の高いコンテンツを配信する事です。
それでは、どのようにコンテンツを作ってオウンドメディアマーケティングをしていけばいいのでしょうか。
○良質なコンテンツを作る事がオウンドメディアマーケティングになる
コンテンツは自社のサービスや商品をアピールするためだけでなく、ユーザー目線で情報を発信する必要があります。
例えばヨガ教室の宣伝をしたいのであれば、初心者でも簡単に始められる易しい教室のご案内や料金、アクセス情報、そこでどんな事が学べるのかといった情報が役立ちます。
ユーザーが「このオウンドメディアはクオリティが高い!」と思ってくれたら、習慣的にアクセスして読んでくれる可能性も高くなります。
ユーザーの事を考えたコンテンツが、自社のサービスの知名度を高めるのです。これが「オウンドメディアマーケティング」です。オウンドメディアについての詳しいコンテンツです。


SEOと検索エンジンのお話

SEOとは日本語に置き換えると「検索エンジン最適化」という事になります。
しかしここで普通の人であれば、検索エンジンを最適化するとはどういう事か?というのが気になってくるはずです。
まずはSEOで基本的な「検索エンジン」の事から知っておきましょう。
○検索エンジンってそもそも何のこと?
SEOと関連の深い「検索エンジン」というのは、ユーザーが入れたキーワードに対して回答となる検索結果を表示させる事です。
もしも表示結果と検索キーワードの関連性が浅ければ、ユーザーにとって役立ちません。
最悪、そのサービスを二度と利用してくれなくなってしまうでしょう。
そのため、検索エンジンを提供する側が懸念するのは、検索結果のクオリティが落ちてしまう事なのです。
検索結果の質を下げないようにするためにも、検索エンジンはあるサイトがそのサイトにアクセスするユーザーにとって、良いサイトかどうか判断していきます。
要するに、自社サイトをユーザーにとってより良いサイトにする事がSEO対策となるのです。SEO対策が適切になされていれば、そのサイトの評価は高くなり、上位に上がってくるようになります。
SEOにはキーワード選定が必須です


オウンドメディアマーケティングングのポイント

オウンドメディアマーケティングを行っていく上では、次のような事がポイントとなります。
○コミュニケーションは迅速に
オウンドメディアを通して自社のコミュニティーを作り上げ、ファンを増やしてそのロイヤリティーを上げるには、コミュニケーション力が命でもあります。消費者からのコメントや質問は、誠意を持って素早く対応していきましょう。
○ペイドメディアとアーンドメディアとコラボさせる
オウンドメディアの拡散方法として、ペイドメディアやアーンドメディアを上手にコラボさせて運用する事が、さらに信頼度が高く、効果の出やすいオウンドメディア運用につながっていきます。アメリカの調査会社であるフォレスターのライアン・スキナー氏は、「コンテンツの量を減らし、その配布先やプロモーションに力を入れるといいと言っています。
これが結果的に効果的なマーケティングにつながっていくのです。
○一貫性を持たせること
全てのメディアに一貫性を持たせましょう。
例えばweb siteは専門的で真面目なトーンであっても、ブログはカジュアルだけでふざけた印象では消費者に与えるイメージは違ってしまいます。
どのメディアにおいても、ある程度統一したトーンやスタイルを崩さないようにしましょう。
○定期的な更新を心がける
更新を的確に行いましょう。消費者からのリターンを促進させるためにも、これは欠かせません。情報を定期的に発する事によって、ブランドとしての地位の確率にも貢献していきます。
○既存のメディア資産からリンクを貼る
メディア同士をリンクさせるのも効果的です。websiteやブログ間のリンクだけでなく、動画やメルマガなど、全てのメディアをつなげていきましょう。オウンドメディアマーケティングのポイントとは


知っておくといいマーケティング分析のフレームワーク

フレームワークにはいくつかあります。その中でも、マーケティングの分析に役立つフレームワークを3つご紹介します。
○SWOT分析
SWOT分析は代表的な分析法なので、名前だけならご存知という人も多いでしょう。
内部要因(自社の強み・弱み)や外部要因(機会)から、自社の戦略を編みだしていくためのフレームワークです。自社の強みを再検討したい時や、新しく戦略を練りたい時に使えます。これらを組み合わせて経営戦略を考えるのが、フレームワークです。
○MECE
MECEとは、その発想に重なりや漏れがないか確認するためのフレームワークです。
使うタイミングは、新しいアイディアを改めて出したい時や、欠けている視点で確認したい時です。MECE(メーシー)とは、Mutually Exclusive Collectivery Echausiveの頭文字を表したもので、「もれなく」「重なりなく」を意味します。MECEを使う事により、自分のアイデアや考えにもれや重複がないかを確認できるのです。
○マーケティングオートメーション「マルケト」
マルケトは、2006年にアメリカで創業したマーケティング専業ベンダーです。デジタルマーケティング分野でもかなり注目されています。リードの獲得から成約に至る過程を可視化し、自動化させる事で生産性は高まります。これは大企業に関わらず、中小企業でも取り入れている会社が多いです。カスタマージャーニー


オウンドメディア運用における注意点

オウンドメディアを立ち上げれば見込み客獲得が期待できます。わかりやすく言えばファンがつく事になるのです。しかし一歩間違えれば、見込み客はすぐに離れていってしまうでしょう。オウンドメディアを運用していくには、細心の注意も必要なのです。
○ファンがついても更新が必要
オウンドメディアを立ち上げてファンがついても、ファンは常に新たな情報をも求めて定期的にアクセスしてくれるので、企業はこまめに最新情報をアップしていかなければなりません。そしてユーザーが満足できるような情報を配信していなければ、すぐにファンは去っていき、悪い印象を与えてマイナスになる事もあるでしょう。オウンドメディアを運用するといっても単純ではなく、計画をたて、継続的に更新していく覚悟を伴います。
○オウンドメディアは購買促進や市場分析に役立つ
オウンドメディアをして、サイトを通じてファンとの信頼関係が築ければ購買促進につなげられますし、アクセスから解析してニーズやターゲットを分析して市場調査につなげる事だってできます。
○オウンドメディアの注意点
オウンドメディアを運用する時は人的リソースが省かれ、運用コストが発生してしまう恐れもあります。質の劣った情報を流してしまうと、せっかく来てくれたユーザーもすぐ見切りをつけ、「ひどいサイトだ」とレッテルを張られてしまう可能性だってあるわけです。オウンドメディアをせっかく立ち上げたとしても、ペルソナ設定などの計画が不十分だと理想のイメージとは全く逆になってしまうので、注意が必要でしょう。オウンドメディアについてこちらをご参考に